第一一飛行師団編合

 昭和二十年六月になってからは岡山・大津・徳島・高知等の地方都市が 焼夷弾爆撃の目標とされた。地方都市には高射砲部隊配置は手薄で爆撃の阻止は不可能だった。 第一一師団主力および第二三飛行団は防空作戦に関して第二・第一総軍司令官の指揮下にあったが、 大陸命第一三五九号(昭和二十年六月二十八日)により航空総軍司令官指揮下に復帰した。航空総軍は B−29重爆撃機を捕捉・殲滅するために「制号」作戦を 発動したが、この時点で米軍空襲の力点はB−29重爆撃機から艦載機に移っており 期待したほどの戦果は挙がらなかった。 また、第一一飛行師団は大陸命第一三六六号(昭和二十年七月十八日)により航空総軍司令官直属となった。 独立飛行第八二中隊(戦闘)は昭和二十年軍令陸甲第一〇三号(昭和二十年七月十日) により復帰した。

昭和二十年八月十五日
第一一飛行師団司令部(師団長:北島熊男中将29)
   第二三飛行団(団長:二田原憲治郎大佐30)
      飛行第五戦隊(戦闘)
      飛行第五五戦隊(戦闘)
   飛行第五六戦隊(戦闘)
   飛行第二四六戦隊(戦闘)
   第四七航空地区司令部
      第四二飛行場大隊、第六一飛行場大隊、第六二飛行場大隊、
      第一四三飛行場大隊、第一六三飛行場大隊、第二四六飛行場大隊

Home

© 2009-2018 MJQ
Last Update 2009/12/05