第一航空軍編組

 大陸命第七七二号(昭和十八年四月二日)により第一八飛行団から 飛行第一三戦隊(戦闘)が第六飛行師団編合に、大陸命第八〇七号(昭和十八年六月十九日) により第一七飛行団から飛行第五戦隊(戦闘)が第七飛行師団編合に編入された。 南方の戦況が悪化しており、当面は状況が切迫していない防空部隊から戦力が抽出された。

昭和十八年八月三十一日
第一航空軍司令部(司令官:李王垠中将29)
   第一飛行師団
   第五一教育飛行師団
   独立飛行第四七中隊(戦闘)
   第一七飛行団司令部(団長:佐藤正一少将28)
      飛行第二四四戦隊(戦闘)
東部軍司令官指揮下ニ配属
   第一八飛行団司令部(団長:北島熊男大佐29)
      飛行第二四六戦隊(戦闘)
中部軍司令官指揮下ニ配属
   第一九飛行団司令部(団長:古屋健三大佐30)
      飛行第四戦隊(戦闘)
      飛行第二四八戦隊(戦闘)
西部軍司令官指揮下ニ配属
   東部軍直協飛行隊 東部軍司令官指揮下ニ配属
   中部軍直協飛行隊 中部軍司令官指揮下ニ配属
   西部軍直協飛行隊 西部軍司令官指揮下ニ配属
   北方軍直協飛行隊 北方軍司令官指揮下ニ配属
   朝鮮軍直協飛行隊 朝鮮軍司令官指揮下ニ配属

Page Top

Home

© 2009-2018 MJQ
Last Update 2010/01/25