第一飛行団編成

  南方に転出した第三飛行集団に替わって、大陸命第五六一号(昭和十六年十一月八日) により編成を令された第一飛行団が中国大陸を担任した。 第一飛行団の実動機は約70機で、 飛行第四四戦隊(偵察)は第一一軍に、独立飛行第八三中隊(軍偵)は第一三軍に、第八直協飛行隊 は北支那方面直属部隊および第一二軍に協力することを任務とした。中国大陸にはこの他に香港攻略 のための第二三軍指揮下に第二三軍飛行隊(実働約45機)があった。
  【中国要図】

昭和十六年十二月八日
第一飛行団司令部(団長:秋山豊次少将27)
   独立飛行第一〇中隊(戦闘)
   独立飛行第一八中隊(司偵)
   独立飛行第八三中隊(軍偵)
   飛行第四四戦隊(偵察)
   飛行第五四戦隊(戦闘)
   第八直協飛行隊
   第一六航空地区司令部、第一七航空地区司令部
      第五七飛行場大隊(偵察)、
      第一飛行場中隊(戦闘)、第二飛行場中隊(偵察)、第六七飛行場中隊(戦闘)、
      第六九飛行場中隊(司偵)、第八六飛行場中隊(軍偵)
   第一五航空通信隊ノ一部
   第一五野戦航空廠(一部欠)
   第三飛行集団特種情報班
   支那派遣軍気象隊
   兵站自動車第一三中隊、兵站自動車第六四中隊、兵站自動車第九二中隊

Page Top

Home

© 2009-2018 MJQ
Last Update 2009/12/05