第二飛行師団編合

 第二飛行師団は南方への抽出に当たって大陸命第一〇一〇号(昭和十九年五月十二日) により飛行部隊を集中する編合更改を行った。第二飛行師団は、第四航空軍戦闘序列に編入されて 目先の戦闘により消耗することを避けるために南方軍総司令官の直属とされた。ただし隷下の 飛行部隊はこの時点では錬成途中で基本訓練・海洋訓練(洋上航法・輸送船攻撃)を実施 している最中であった。

昭和十九年六月三十日
第二飛行師団司令部(師団長:山瀬昌雄中将26)
   第二飛行師団司令部空地連絡中隊
   第六飛行団司令部(団長:小野門之助大佐29)
      飛行第六五戦隊(襲撃)
      飛行第六六戦隊(襲撃)
   第七飛行団司令部(団長:穐田弘志大佐36)
      飛行第一二戦隊(重爆)
      飛行第六二戦隊(重爆)
   第一〇飛行団司令部(団長:光成省三少将31)
      飛行第二戦隊(司偵)
      飛行第一五戦隊(司偵)
      飛行第二七戦隊(襲撃)
   第一二飛行団司令部(団長:川原八郎中佐34)
      飛行第一一戦隊(戦闘)
      飛行第二二戦隊(戦闘)
   第一三飛行団司令部(団長:江山六夫中佐37)
      飛行第三〇戦隊(戦闘)
      飛行第三一戦隊(戦闘)
   第二二飛行団司令部(団長:吉田直中佐35)
      飛行第一七戦隊(戦闘)
      飛行第一九戦隊(戦闘)
   飛行第二四戦隊(戦闘)
   飛行第四五戦隊(襲撃)

Page Top

Home

© 2009-2018 MJQ
Last Update 2010/01/25