第五三航空師団編合

 昭和二十年軍令陸甲第二七号(昭和二十年二月十三日)により在朝鮮地教育部隊は 再編成された。第五三航空師団は第一〇三教育飛行団を基幹として編成された。
 昭和十九年から導入された操縦者教育過程は以下のようであった。1年間の飛行教育では 技量錬成には不十分であるが、多数の操縦者が要求されたための止むを得ない措置であった。 なお、航空教育隊では航空兵基礎教育および特業教育訓練を行った。

          練習飛行隊 : 基本教育4ヶ月
           ↓
          教育飛行隊 : 各分科基本教育4ヶ月
           ↓
          錬成教育隊 : 各分科戦技錬成4ヶ月

昭和二十年二月二十八日
第五三航空師団司令部(師団長:広田豊少将27)
   第九練習飛行隊
   第一一教育飛行隊(戦闘)
   第一九教育飛行隊(戦闘)
   第三〇教育飛行隊(襲撃)
   第四一教育飛行隊(重爆)
   第二錬成飛行隊(戦闘)
   第一二錬成飛行隊(戦闘)
   第二三錬成飛行隊(襲撃)
   第二五錬成飛行隊(重爆)
   第一航空教育隊
   第一四航空教育隊

Page Top

Home

© 2009-2018 MJQ
Last Update 2010/07/05