第九飛行師団編合

 従来第二五軍の任務であったパレンバン・バンカランプランタン精油地帯防衛のため、 第九飛行師団が大陸命第九一二号(昭和十八年十二月二十八日)により編合を令された。 これは空地一体の防空体制を取るためでパレンバン防衛隊は第二五軍戦闘序列から編入された。 バンカランプランタン防衛隊は新編である。  ニューギニアで苦戦する第四航空軍を支援するため、大陸命第九二五号(昭和十九年一月三十一日) により第九飛行師団から以下の部隊がニューギニアに派遣され、第六飛行師団長の区処下に置かれた。
      ◆第八飛行団司令部
         飛行第三三戦隊(戦闘)
         飛行第六〇戦隊(重爆)

昭和十九年二月二十九日
第九飛行師団司令部(師団長:鳥田隆一中将24)
   独立飛行第七四中隊(司偵)
   第八飛行団司令部(団長:森本軍蔵少将30)
      飛行第三三戦隊(戦闘)
      飛行第五八戦隊(重爆)
      飛行第六〇戦隊(重爆)
   飛行第二六戦隊(軽爆・戦闘)
   パレンバン防衛司令部
     独立飛行第二四中隊(戦闘)
     飛行第二一戦隊(戦闘)
     飛行第八七戦隊(戦闘)
     防空第一〇一聯隊
     防空第一〇二聯隊
     防空第一〇三聯隊
     第一〇一防空気球隊
     機関砲第一〇一大隊
     パレンバン警備隊
     パレンバン防衛通信隊
   バンカランプランタン防衛司令部
     独立飛行第七一中隊(戦闘)
     野戦高射砲第六七大隊
     機関砲第一〇二大隊
     バンカランプランタン警備隊
   第八航空地区司令部、第二二航空地区司令部
      第四六飛行場大隊、第五五飛行場大隊ノ一部、
      第七六飛行場大隊、第八七飛行場大隊、第八九飛行場大隊
      第一四飛行場中隊、第三〇飛行場中隊、第三五飛行場中隊、
      第三七飛行場中隊、第八八飛行場中隊
   第一四航空情報隊
   第四航測隊
   兵站自動車第一六〇中隊

Page Top

Home

© 2009-2018 MJQ
Last Update 2011/01/10