気象部隊


  *本ページでは、場合によっては昭和十八年軍令陸甲第一二〇号(昭和十八年十二月二十七日)を 令甲120(S20.12.27)、大陸命第一〇一〇号(昭和十九年五月十二日)を命1010(S12.5.12) という風に略記します。


【気象聯隊】
上位部隊により編制は異なる。第二気象聯隊、第四気象聯隊は令甲24(S20.2.8)により編制改正された。 昭和二十年に入ってから編制表は軍令ではなく、それと対をなす陸亜機密に記載されるようになった。 第二気象聯隊の編制表要約を以下に示す。

第二気象聯隊編制表要約       ( )内は隊数
大(中)佐
聯隊本部47
第一大隊大隊本部 30
気象中隊230×3(3)
第二大隊大隊本部 30
気象中隊230×2(2)
気象中隊(放送)152
材料廠22
編制定員1,431
隷属第二航空軍司令官
昭和二十年陸亜機密第八二号附表第一属表其三十二


第四気象聯隊編制表要約       ( )内は隊数
大佐
聯隊本部47
第一大隊大隊本部 30
気象中隊230×3(3)
第二大隊大隊本部 30
気象中隊230×3(3)
第三大隊大隊本部 30
気象中隊230×3(3)
材料廠22
編制定員2,229
隷属第五航空軍司令官
昭和二十年陸亜機密第八二号附表第一属表其三十三


第一気象聯隊は第一航空軍(後に航空総軍)第二航空教育団に所属し、気象業務の他に1(教育)中隊あたり 200名の修行兵を受け入れて教育を行なっていた。令甲121(S18.12.27)により編制改正された。


第一気象聯隊編制表要約  ( )内は隊数
大佐
聯隊本部34
気象中隊186×2(2)
気象中隊(教育)55×6
修業兵200×6
(6)
材料廠16
編制定員752
修業兵1,200
昭和十八年軍令陸甲第一二一号附表第三十三

 気象部隊一覧


【野戦気象隊】
編制規模の小さな気象隊は「野戦気象隊」と称され航空軍および飛行師団に所属した。その編制の例を以下に示す。

第一一野戦気象隊は令甲121(S18.12.27)にて編制改正された。

第一一野戦気象隊編制表要約    ( )内は隊数
中(少)佐
本部32
気象中隊227×3(3)
編制定員713
隷属第一飛行師団長
昭和十八年軍令陸甲第一二一号附表第三十四


第一四野戦気象隊は令甲24(S20.2.8)にて編制改正された。

第一四野戦気象隊編制表要約    ( )内は隊数
大(中)佐
本部59
気象中隊230×5(5)
材料廠19
編制定員1,228
隷属第三航空軍司令官
昭和二十年陸亜機密第八二号附表第一属表其三十四


第二二野戦気象隊は昭和十七年の比島攻略以来比島で業務を行っていたが、比島航空戦時は3個中隊編制で以下の配置 で気象業務にあたった。業務内容は毎日1400時の一般実況報、1000時および1400時の航空実況放送である。 編制表要約を以下に示す。
     ・本部 マニラ
     ・第一中隊(本部クラーク) 中・北部ルソン島
     ・第二中隊(本部ダバオ)  ミンダナオ島、南部比島
     ・第三中隊(本部マニラ)  南部ルソン島、ビサヤ諸島

 

同気象隊は令甲34(S19.3.23)にて編制改正された。

第二二野戦気象隊編制表要約    ( )内は隊数
中(少)佐
本部33
気象中隊227×3(3)
材料廠18
編制定員732
隷属第四航空軍司令官
昭和十九年軍令陸甲第三四号附表第十八


 気象部隊一覧


Page Top

Menu

Home

© 2009-2017 MJQ
Last Update 2014/05/25