飛行団

【飛行団】
地上軍の「旅団」に相当する。昭和十年の航空軍備改編において第一飛行団(内地)、第二飛行団(朝鮮)、第三飛行団(台湾)が編成 されたのが最初である。昭和十三年の航空軍備改編では飛行団は複数の飛行戦隊および1個航空地区司令部(隷下に飛行戦隊と同数の飛行場大隊) より成り、飛行部隊と地上支援部隊とを結合する戦術単位とされた。

飛行団は編制の面からは以下に示されるように「混成飛行団」、「戦闘飛行団」に分類された。 これは理想的な形であり、昭和十六年の航空兵団編合では第七飛行団が「重爆飛行団」、 第八飛行団が「軽爆飛行団」にあたる。 太平洋戦争期には飛行団の編制もこれより小型になり、例えば「重爆飛行団」では軽爆戦隊が減じられた。また、地上部隊は飛行師団長直属となり、 飛行団は飛行部隊のみとなる。

飛行団長は、自身も空中に上がる「戦闘飛行団」以外は少将が任じられたが、太平洋戦争も戦局が悪化してくると編制の小型化もあって佐官が任じられる場合が出てきた。 この他教育部隊として練習飛行隊・教育飛行隊・錬成飛行隊より成る教育飛行団があった。

飛行団司令部および独立教育飛行団司令部の編制表の例を以下に示す。

飛行団司令部編制表
少将(大佐)飛行団長 一 尉官ノ内1名ハ通信掛兼
暗号掛トス
二 本表ノ外飛行班ヲ置キ
班長尉官1名及准士官・下士官5名ヲ増加ス
前項ノ尉官ハ操縦トシ准士官・
下士官ノ内3名ハ操縦、1名ハ
機上機関、1名ハ機上機上無線トス
中(少)佐
尉官内副官1
准尉
曹長(軍曹)
17
主計尉官
主計下士官
軍医尉官
衛生下士官
合計22
適用飛行団司令部
第二・第三・第四・第五・第六・第七・第八・第九・第一〇・第二〇・第二五・第三〇
昭和十八年軍令陸甲第一二〇号附表第三其一

戦闘飛行団の場合も編制定員は同じであるが、飛行団長の階級が若くなる。

飛行団司令部(戦闘)編制表
大(中)佐飛行団長 一 尉官ノ内1名ハ通信掛兼
暗号掛トス
二 本表ノ外飛行班ヲ置キ
班長尉官1名及准士官・下士官5名ヲ増加ス
前項ノ尉官ハ操縦トシ准士官・
下士官ノ内3名ハ操縦、1名ハ
機上機関、1名ハ機上機上無線トス
中(少)佐
尉官内副官1
准尉
曹長(軍曹)
17
主計尉官
主計下士官
軍医尉官
衛生下士官
合計22
適用飛行団司令部
第一二・第一三・第一四・第一五・第二二
昭和十八年軍令陸甲第一二〇号附表第三其二

戦争末期では編制定員が増加した。第二六・第二七飛行団司令部の編制表を以下に示す。

第二六・第二七飛行団司令部編制表
少将(大佐)飛行団長 一 尉官ノ内1名ハ通信掛兼
暗号掛トス
二 本表ノ外飛行班ヲ置キ
班長尉官1名及准士官・下士官5名ヲ増加ス
前項ノ尉官ハ操縦トシ准士官・
下士官ノ内3名ハ操縦、1名ハ
機上機関、1名ハ機上機上無線トス
三 本表ノ外電報業務ノ為兵15名、
衛兵要員トシテ下士官1名及
兵15名ヲ増加ス
中(少)佐
少佐
尉官内副官1
准尉
曹長(軍曹)10
19
主計尉官
主計下士官
軍医尉官
衛生下士官
合計24
昭和二十年陸亜機密第二九三附表第一属表其二

 飛行団司令部一覧

 「重爆飛行団」、「軽爆飛行団」、「戦闘飛行団」の編制を以下に示す。太平洋戦争も中期になると、このような編制を維持すること も難しくなった。

飛行団編制 (太平洋戦争前)
飛行団重爆戦隊軽爆戦隊戦闘戦隊
混成飛行団重爆飛行団
軽爆飛行団
戦闘飛行団

飛行団編制 (太平洋戦争期)
飛行団重爆戦隊軽爆戦隊戦闘戦隊
混成飛行団重爆飛行団
軽爆飛行団
戦闘飛行団2または3


独立教育飛行団司令部は以下の軍令により編成を令された。
  独立第一〇五〜第一〇九(欠第一〇七)教育飛行団司令部; 昭和十九年軍令陸甲第二三号(昭和十九年三月二十三日)
  独立第一〇七教育飛行団司令部; 昭和十九年軍令陸甲第九四号(昭和十九年七月二十五日)

  
独立第一〇五〜第一〇九教育飛行団司令部編制表
少将飛行団長 本表ノ外飛行班ヲ置キ
班長尉官1名及准士官・下士官4名ヲ増加ス
前項ノ尉官ハ操縦トシ准士官・
下士官ノ内2名ハ操縦、1名ハ
機上機関、1名ハ機上機上無線トス
大(中)佐
中(少)佐
少佐(大尉)内副官1
尉官
准尉
曹長(軍曹)11
20
航技少佐(大尉)
航技下士官
主計中(少)佐
主計尉官
主計下士官
軍医中(少)佐
軍医尉官
衛生下士官
11
合計31
昭和十九年軍令陸甲第二三号
昭和十九年軍令陸甲第九四号附表第四

 教育飛行団司令部一覧


Page Top

Menu

Home

© 2009-2018 MJQ
Last Update 2010/05/25