第二次兵備師団編制

第二次兵備師団編制

Organization of 2nd Wave Mobile Divisions

     師団司令部
     歩兵聯隊        Infantry Regiment
     野砲兵聯隊       Field Artillery Regiment
     山砲兵聯隊       Mountain Artillery Regiment
     迫撃聯隊        Trench Mortar Regiment
     師団速射砲隊     Rapid Firing Gun Unit
     師団機関砲隊     Machine Cannon Unit
     師団工兵隊       Engineer Unit
     師団通信隊       Signal Unit
     師団輜重隊       Transport Unit
     師団兵器勤務隊
     師団衛生隊
     師団野第一・第二・第四戦病院
     師団病馬廠

師団司令部

Page Top



歩兵聯隊

歩兵聯隊は3個大隊編制で、支援のための歩兵砲中隊は四一式山砲・十二糎迫撃砲各4を有した。 作業中隊は戦闘工兵の任務を遂行していた。

Page Top



Infantry Regiment

Page Top



Field Artillery Regiment

Page Top



Mountain Artillery Regiment

Page Top



迫撃聯隊

迫撃聯隊は第一次兵備で臨時動員された独立迫撃大隊2個を基幹として編成された。 十二糎迫撃砲36基を保有した。

Page Top



Trench Mortar Unit

Page Top



師団速射砲隊

装備は一式機動四十七粍速射砲12門であったが自動車化されていた。

Page Top



Rapid Firing Gun Unit

Page Top



師団機関砲隊

Page Top



Machine Cannon Unit

Page Top



師団工兵隊

工兵隊は第一次兵備で動員された独立工兵大隊一般工兵(戦闘工兵)3個中隊に 対戦車中隊であった第四中隊を追加して改変したものである。。

Page Top



Engineer Unit

Page Top



師団通信隊

師団通信隊の編制はそれぞれ6個分隊より成る有線小隊2個と無線小隊2個とから成る。

Page Top



Signal Unit

Page Top



師団輜重隊

師団輜重隊は輓馬中隊、自動車中隊各1個から成る。

Page Top



Transport Unit

Page Top



師団兵器勤務隊

師団兵器勤務隊の編制は昭和十六年度陸軍動員計画令に拠った。


昭和十五年軍令陸甲第五五号附表第十八     


Page Top



師団衛生隊

師団兵衛生隊の編制は昭和十六年度陸軍動員計画令に拠った。


昭和十五年軍令陸甲第五五号附表第十九     

Page Top



師団野第一・第二・第四戦病院

師団野戦病院の編制は昭和十六年度陸軍動員計画令に拠った。


昭和十五年軍令陸甲第五五号附表第二十     

Page Top



師団病馬廠

師団病馬廠の編制は昭和十六年度陸軍動員計画令に拠った。


昭和十五年軍令陸甲第五五号附表第二十一     

Page Top





本土決戦師団

Home

© 2009-2018 MJQ
Last Update 2017/04/25