第四六師団編制

昭和十八年軍令陸甲第四五号(昭和十八年五月十四日)により、本土防衛強化のため第四二師団・第四三師団・第四四師団・第四七師団の新設が発令された。 これらは復帰した留守師団(と独立歩兵団と)を基幹にして編成された。これらの師団は 昭和十九年陸軍動員計画令(昭和十八年軍令陸甲第八三号 昭和十八年八月三十日)では特設師団(乙編制)とするが、 第二師団・第三師団・第六師団・第五七師団が復員するまでは常設師団としての機能を果たさせるものされ、補充・留守業務を行った。

第四二師団(稚内)  留守第二師団(仙台)
  第六二独立歩兵団(高田)ヨリ
乙編制(野砲)昭和十八年軍令陸甲第四五号
(昭和十八年五月十四日)
第四三師団(名古屋)  留守第三師団(名古屋)
  第六三独立歩兵団(豊橋)ヨリ
乙編制(野砲)
第四六師団(熊本)  留守第六師団(熊本)
  第六六独立歩兵団(小倉)ヨリ
乙編制(野砲)
第四七師団(弘前)  留守第五七師団(弘前)
  第六七独立歩兵団(盛岡)ヨリ
乙編制(山砲)


第四六師団の場合の編合は以下のとおりであった。

第四六師団編合(1)
第四六師団司令部
第四六歩兵団司令部
  歩兵第一二三聯隊
       本部、大隊3、歩兵砲中1、通信中1
  歩兵第一四五聯隊
  歩兵第一四七聯隊
捜索第四六聯隊
       本部、乗馬中1、乗車中1、装甲車中1
野砲兵第四六聯隊
       本部、大隊2  (詳細不明)
工兵第四六聯隊
       本部、中隊(甲)3
輜重兵第四六聯隊
       本部、輓馬中2・自動車中1
第四六師団通隊
工兵中隊(甲)ハ戦闘工兵


昭和十八年軍令陸甲第九五号(昭和十八年十月二十日)により第四六師団は「海洋編制師団」に改変するために臨時動員された。 残念ながらこの軍令は現存していないので、「海洋編制師団」の編制が完全に分かっている訳ではない。 以降は軍令以外の史料による第四六師団の編制の概要であるが、これらは主として山下義之 「支那事変大東亜戦争における師団の編制」 に拠った。 「海洋編制師団」としての第四六師団の編合を以下に示す。 第三六師団の場合と異なり、歩兵聯隊は3個とも「要地確保反撃」に任ずるA聯隊である。 したがって第四六師団は海上機動用の海上輸送隊を有さない。

第四六師団編合(2)
第四六師団司令部
歩兵第一二三聯隊A聯隊
歩兵第一四五聯隊A聯隊
歩兵第一四七聯隊A聯隊
第四六師団戦車隊臨時動員
第四六師団通信隊
第四六師団輜重隊輜重兵第四六聯隊ヲ基幹トシテ臨時動員
第四六師団兵器勤務隊
第四六師団経理勤務隊臨時動員
第四六師団野戦病院


以下の部隊は復帰した。
  第四六歩兵団司令部
  捜索第四六聯隊
  野砲兵第四六聯隊(歩兵聯隊の砲兵大隊編成の基幹に充用して復員)
  工兵第四六聯隊(歩兵聯隊の工兵中隊・作業中隊編成の基幹に充用して復員)
  輜重兵第四六聯隊(師団輜重隊・歩兵聯隊の補給中隊編成の基幹に充用して復員)
第四六師団の臨時動員とともに留守第六師団(熊本)も臨時動員され、留守業務にあたることになった。


第四六師団は大陸命第八七二号(昭和十八年十月二十日)により第一六軍戦闘序列に編入、引き続き 大陸命第八八二号(昭和十八年十月三十日)による第一九軍戦闘序列序列発令に伴い、これに編入された。 第四六師団主力は昭和十九年一月に内地を出発し、四月に豪北に進出した。 乗船便の目処の立たない歩兵第一四五聯隊は内地に留まったが、六月の米軍によるサイパン島上陸に伴い 大陸命第一〇三一号(昭和十九年六月十七日)により第四六師団の編合から外れ、第三一軍の戦闘序列序列に 編入された。同聯隊は七月二日横須賀を出港して七月十四日に硫黄島に上陸したが、翌年二月の米軍硫黄島上陸 に際して奮戦・玉砕した。師団主力は昭和二十年四月に豪北からマレー半島警備に転用されたが、大きな戦闘も無く 同地で終戦を迎えた。

以下に第四六師団の各部隊の編制表要約を示す。


【司令部】
第四六師団司令部の編制は「昭和十六年度陸軍動員計画令」の附表第五に基づく。但し獣医部を欠いている。

【歩兵聯隊】
先に述べたように歩兵第一四五聯隊は師団編合から脱除されたので、歩兵聯隊はA聯隊である歩兵第一二三聯隊・一四七聯隊 の2個である。(歩兵第一四五聯隊もA聯隊である) A聯隊は占領した島嶼の防衛にあたる聯隊である。
A聯隊の主要装備は以下のとおりで、復帰した野砲兵第四六聯隊の装備である野砲を有していた。 同聯隊が十榴を装備していたか不明であるが、ここでは歩兵聯隊の砲兵大隊は第四三師団の歩兵聯隊と同じく野砲12門を装備していたと想定した。
    軽機関銃  108
    重擲弾筒  112
    重機関銃   18
    速射砲      6
    大隊砲      6
    野砲       8
    十榴       4    

A聯隊の編制表要約を以下に示す。 補給中隊は輜重兵第四六聯隊を改変したためで、労務作業のための兵補500名を擁する。 「兵補」というのは占領地の現地人を雇用したもので、身分は軍属に準じた。



【戦車隊】

【通信隊】

【輜重隊】

【兵器勤務隊】

【経理勤務隊】
軍需品特に糧秣の生産・集積補給、被服の修理、建築勤務、その他労役等の緒勤務に任ずる。 原住民から成る兵補2、000名を擁する。

【野戦病院】

Page Top

Menu

Home

© 2009-2018 MJQ
Last Update 2014/09/05