陸軍航空総監ノ隷下ニアル部隊

 戦局の緊迫化に伴い教育機関の戦力化が検討された。その結果 各陸軍飛行学校を教導飛行師団に改変し作戦・教育を担わせることにした。 この改変は昭和十九年軍令陸乙第二九号(昭和十九年六月十三日)により発令され 6個教導飛行師団・1個教導飛行団が編成された。

昭和十九年六月三十日
下志津教導飛行師団
(偵察)
司令部(師団長:服部武士少将27)
   教導飛行隊
   教導整備隊
下志津陸軍飛行学校ヲ母体トス
明野教導飛行師団
(戦闘)
司令部(師団長:青木武三少将27)
   教導飛行隊
   教導整備隊
明野陸軍飛行学校ヲ母体トス
常陸教導飛行師団
(戦闘)
司令部(師団長:三好康之少将31)
   教導飛行隊
   教導整備隊
明野陸軍飛行学校分校ヲ母体トス
鉾田教導飛行師団
(軽爆)
司令部(師団長:今西六郎少将27)
   教導飛行隊
   教導整備隊
鉾田陸軍飛行学校ヲ母体トス
浜松教導飛行師団
(重爆)
司令部(師団長:川上清志少将30)
   教導飛行隊
   教導整備隊
浜松陸軍飛行学校ヲ母体トス
宇都宮教導飛行師団
(航法)
司令部(師団長:近藤兼利少将26)
   教導飛行隊
   教導航測隊
   教導整備隊
白城子陸軍飛行学校ヲ母体トス
三方原教導飛行団
(化学戦)
司令部(団長:山脇正男少将28)
   教導飛行隊
   教導防護隊
浜松陸軍飛行学校ヲ母体トス

Page Top

Home

© 2009-2018 MJQ
Last Update 2010/07/17